Q&A

 

仮想通貨について

[su_accordion]

[su_spoiler title=”

Q なぜ仮想通貨が通貨として成立するんですか?

” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]A
紙幣や硬貨といったお金も、お金自体には何も価値はありません。お金の価値はその通貨の発行元である国の「信用」にあります。お金の価値は、その国の信用度や需要などのバランスによりお金の価値が変動します。
仮想通貨の場合、お金のように紙幣など現物が存在するものではなく、電子データです。仮想通貨は特徴(耐改ざん性、匿名性、希少性など)が信用となり、お金としての価値は支払い手段として承諾する人の存在によって生まれます。そして、そのユーザーや取扱業者が増えると、その価値は高まることになります。[/su_spoiler]

[su_spoiler title=”

Q 仮想通貨の価格はなぜ価値が変動するんですか?

” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]A
仮想通貨の価値は純粋に需要と供給のバランスによって変動します。
仮想通貨には、管理者・管理団体がなく、発行できる通貨供給量が決まっていて、発行する枚数も予定が決まっているので、需要が高まったからといって供給量をあげられません。
そのため仮想通貨を利用する人が増えると、価値が上がります。[/su_spoiler]

[su_spoiler title=”

Q 仮想通貨と電子マネーは違うんですか?

” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]A
電子マネーとは、現金の代わりにスマホやカードで支払い可能な電子的なお金のことです。電子マネーは事前に現金をチャージしておいたり、予めクレジットカードやデビットカードなどの決済手段とリンクさせたカードや端末などで効率的に精算するシステムです。つまり、使用しているものは通常のお金です。
また、電子マネーはシステムを管理する企業や組織の認めた支払先にしか利用できず、個人間で資金移動することができません。
仮想通貨とは、インターネット上のお金のことで、管理者がいないのを特徴とした通貨です。仮想通貨は個人同士で送金することが可能で、受取側が決済システムさえ用意すれば何にでも支払い手段として利用できます。仮想通貨は、お金と同等の機能をもっていて、カタチを変えた現金に近いです。

[/su_spoiler]

[su_spoiler title=”

Q 暗号通貨って何ですか?

” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]A
暗号通貨とは「電子貨幣」のこと。日本では「仮想通貨」という言葉で呼ばれています。仮想通貨という表現は日本独自の表現で将来的には「暗号通貨」で統一されていくと思われます。[/su_spoiler]

[su_spoiler title=”

Q どうして仮想通貨が流行っているんですか?

” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]A
仮想通貨は、その通貨としての機能や世界観が評価されて、多くの人から「この仮想通貨は将来性がある」と思われ需要が増えることによって、価値が上がりさらにその仮想通貨を求める人が増えました。
ビットコインを代表とする仮想通貨の流行の背景には、大手金融機関の仮想通貨の開発や大手企業の参入が挙げられます。日本でも法整備が進んだことで今後対応店舗や使用可能な場所が増加すると見込まれており、仮想通貨取引での億り人誕生で認知が広がりました。[/su_spoiler]

[su_spoiler title=”

Q 仮想通貨って実際に使えますか?

” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]A
はい。日本でも決済通貨としての利用が徐々に進んでいます。
海外ではかなりのスピードで普及されているので現実にお金の役割を代替するまでに成長していますが、日本ではどちらかというと投資目的での需要が高いですが、今後、オンライン決済での活用はもちろん、東京オリンピックに向けて使える「実店舗」が増える見込みです。[/su_spoiler]

[su_spoiler title=”

Q 仮想通貨って硬貨や紙幣があるんですか?

” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]A
私たちが普段使っている紙幣や硬貨などは法定通貨と呼ばれて現物が存在します。
仮想通貨は、国家の信頼はおろか、中央銀行が発行したものでもありません。この定義からすると、仮想通貨は”お金”ではありません。インターネット上のものですから、物質としては存在しておらず、手に取ることもできません。[/su_spoiler]

[su_spoiler title=”

Q なんで仮想通貨が必要なんですか?

” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]A
お金は元々「金貨」として流通していたように、金と交換できる量しか発行されていませんでした。これを金本位制といいます。金は埋蔵量に限りのある物質資源であるのに対して、政府や中央銀行が発行する紙幣や貨幣には物質的な限りがありません。黒田バズーカといわれた日銀の金融緩和のように、中央銀行が紙幣を大量に発行しようとすれば、発行できてしまうのです。
国が発行する紙幣や貨幣の価値は、非常に不安定なものと認識しなければいけません。

世界最大の流通量を誇るビットコインの大きな特徴の一つに、発行枚数が2,100万枚とあらかじめ決められている、というものがあります。これはまさに金本位制の特徴を引き継いだもので、限りがあるからこそ価値が下がらない、というコンセプトなのです。発行枚数に上限を設けることでインフレを防止する役目が期待されているのです。
[su_spoiler title=”

Q どのような通貨がありますか?

” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]A
仮想通貨のチャートを配信しているコインマーケットキャップ(Coin Mariket Cap)によると、2018年3月31日時点で仮想通貨は約1600種類とされています。
世界で初めて発行されたBitcoinは、市場規模も最大の仮想通貨です。ビットコイン(bitcoin)以外の仮想通貨の総称「アルトコイン(オルトコイン)」と呼ばれる通貨があります。代表的なものはイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BTH)などがあります。基本的な仕組みはビットコインと同じですが、アルトコインはビットコインの欠点を改善するために開発されたものや、決済手段以外の目的のために開発されたものなどさまざまなコインが存在し、ビットコインにない機能を持った通貨が多く、時価総額が上昇している通貨もあります。
[/su_spoiler]

[su_spoiler title=”

Q 仮想通貨で一番人気がある通貨は何ですか?

” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]A
世界で一番時価総額(通貨の値段×通貨の流通量)が大きいのがBitcoinです。しかし、昨今注目されているのが、1年間で250倍まで上昇した「リップル(XRP)」です。Googleがリップルへ投資したりと話題性があります。
取引にあたっては、その通貨の適正価格に対し今の価格が安いのか高いのかを判断することをお勧めします。
[/su_spoiler]

[su_spoiler title=”

Q どの仮想通貨が良いですか?

” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]A
仮想通貨は1,500種類を超えています。すべてを調べるのは困難です。そこで、日本の取引所で取引可能な仮想通貨に絞ってみましょう。すると、種類は20弱くらいになるでしょう残念ながら、誰にもおすすめできる仮想通貨というのはこの世に存在しません。価値観によって求める通貨が大きく異なるからです。
「実用性」や「将来性」といった観点から、通貨の適正価格に対し今の価格が安いのか高いのかを判断して取引をしてください。
[/su_spoiler]

[su_spoiler title=”

Q どこの国の誰が作ったの? 管理者は?

” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]A
世界で最初の仮想通貨「ビットコイン」は2008年にサトシ ナカモト(中本哲、satoshi nakamoto)の1つの論文、Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System から誕生しました。
仮想通貨は、ブロックチェーンという技術で取引データを管理することで価値を表現し、P2Pネットワークの参加者で、データを管理しているため中央管理者は存在しません。
[/su_spoiler]

[/su_accordion]


口座開設について

[su_accordion]

[su_spoiler title=”

Q 口座開設に必要な書類はありますか?

” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]A
口座開設には、本人確認書類が必要になります。
個人口座と法人口座では必要書類が異なりますので、詳細は各取引所のWEBサイトにて口座開設の必要書類についてをご確認ください。[/su_spoiler]

[su_spoiler title=”

Q 本人確認書類に記載されている住所と現住所が違いますが、口座開設はできますか?

” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]A
転居等により、お申込の現住所と本人確認書類に記載の住所が相違している場合は、口座開設ができません。詳しくは、取引所WEBサイトで確認しましょう。[/su_spoiler]

[su_spoiler title=”

Q 法人でも口座を開設することはできますか?

” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]A
仮想通貨取引所でも個人事業主や法人での登録が可能な取引所が増えてきました。口座開設予定の取引所が法人口座に対応しているか、ご自身がお使いの取引所のホームページでご確認ください。
[/su_spoiler]

[su_spoiler title=”

Q 二段階認証って何ですか?設定した方がいいのですか?

” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]A
二段階認証とは、IDとパスワードに加えて、1回限りのパスワードを使用してログインする方法です。これを使うと、セキュリティがとても強固になります。なお、二段階認証の設定方法は、取引所ごとに異なります。ご自身がお使いの取引所のホームページでご確認ください。
[/su_spoiler]

[su_spoiler title=”

Q 未成年でも口座開設はできますか?

” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]A
2017年12月現在、高校生や未成年でも保護者の同意があれば口座開設が可能な取引所はあります。
[/su_spoiler]

[su_spoiler title=”

Q 口座開設申し込み後、書類が届きません。口座開設は完了できていますか?

” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]A
2017年12月現在、多数の申込により口座完了までに時間がかかっているようです。定期的に登録メールアドレスへのメールを確認しましょう。1か月以上たっても、メールや連絡がない場合には登録メールアドレスが間違っていた可能性がありますので、取引所のサポートへご連絡ください。
[/su_spoiler]

[/su_accordion]

仮想通貨の購入や取引について

[su_accordion]

[su_spoiler title=”

Q 仮想通貨はどこで購入できますか?

” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]A
日本国内では、仮想通貨交換所(販売所)または仮想通貨取引所にて、アカウント登録(=口座開設)することにより、購入が可能です。
販売所・取引所によって取り扱い通貨が異なるため、よくホームページをご確認の上、口座開設をしましょう。
[/su_spoiler]

[su_spoiler title=”

Q 仮想通貨はいくらで購入できるんですか?

” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]A
ビットコインの最小単位は、小数点8桁=0.00000001BTCがとなります(1億分の1BTC)。
ビットコイン提唱者Satoshi Nakamotoにちなんで、この最小単位を1Satoshiと呼びます。

取引所ごとに最低注文金額が決まっているため、実際には取引所で購入するときには最小単位
では買うことはできません。取引所ごとに決められたその数量以上購入する必要があります。

事例

ビットコイン(BTC)のケース

レート:1BTC=1,000,000円で、最低取引数量=0.005BTCの場合
最低購入金額は、1,000,000円×0.005BTCで
5,000円から買うことが可能です。

リップル(XRP)のケース

レート:1XRP=100円で、最低取引数量=10XRPの場合
最低購入金額は、100円×10XRPで
1,000円から買うことが可能です。

イーサリアム(ETH)のケース

レート:1ETH=100,000円で最低取引数量=0.01ETHの場合
最低購入金額は、100,000円×0.01ETHで
1,000円から買うことが可能です。

[/su_spoiler]

[su_spoiler title=”

Q 取引所で購入する場合、価格はどうやって決まるのですか?

” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]A
仮想通貨の価格は、仮想通貨を「買いたい人」と「売りたい人」の価格(取引レート)で決定されます。
取引所での取引は、オークション形式が採用されており、「買い手」と「売り手」に売買価格を提示してもらい、最も高く買いたい人と最も安く売りたい人の価格がマッチした時に、取引が成立(約定)する仕組みを取っています。

ビットコイン価格は「各国の規制」「各国の通貨危機」「半減期」などの影響を受けやすいと言われています。
[/su_spoiler]

[su_spoiler title=”

Q 仮想通貨は購入後にほったらかしでいいんですか?

” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]A
文字ここから
[/su_spoiler]

[su_spoiler title=”

Q 実物のない仮想通貨なのに、現物取引とは何ですか?

” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]A
現物取引とは、市場での実物の取引を指します。
仮想通貨に実物は存在しませんが、物を売買するのと同様に現在価格で仮想通貨を売買することができます。
仮想通貨でいうところの「現物取引」とは、仮想通貨と他の通貨との交換のことを意味します。
[/su_spoiler]

[su_spoiler title=”

Q レバレッジ取引とは何ですか?

” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]A
レバレッジとは、簡単に言うと「少ない資金でその何倍もの大きな金額」の取引をすることをいいます。
例えば手持金、1万円を証拠金にすることで、1万円の5倍の額、5万円のお金を使って取引が行えるイメージです。

レバレッジ取引をするには、担保として一定額用意する資金「証拠金」が必要となります。また、レバレッジ倍率は、提供する取引所によって、設定されますので、倍率は変わります。

例えば
レバレッジ倍率10倍の取引所であれば、10万円の証拠金で、その10倍の100万円のお金で取引できるようになります。
レバレッジ倍率15倍の取引所なら、10万円の証拠金で150万円(10倍)のお金で取引ができるようになります。

[/su_spoiler]

[su_spoiler title=”

Q 取引手数料はかかりますか?

” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]A
仮想通貨取引所を利用するには手数料がかかります。
取引所ごとに手数料の金額は異なります。

取引手数料:

仮想通貨の売買時にかかる手数料です。取引所と販売所で取引手数料が異なることもあるので注意してください。

    取引手数料一覧

[table id=136 column_widths=”25%|25%|25%|25%” /]

入出金手数料:

仮想通貨取引をするための資金を入出金する際にかかる手数料です。
クイック入金:24時間365日利用できる便利なサービスですが、手数料がかかる場合があるので、利用頻度には注意が必要です。

    入出金手数料一覧

[table id=137 column_widths=”25%|25%|25%|25%” /]

送金手数料:

仮想通貨を取引所の外部へ送付する時にかかる手数料です。
送金手数料は、取引所ではなくマイナーへ支払います。送金手数料が無料のところは取引所がマイナーへの手数料を負担してくれているということです。

    送金手数料一覧

[table id=138 column_widths=”50%|50%| /]

[/su_spoiler]

[su_spoiler title=”

Q ロスカットとは何ですか?

” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]A
文字ここから
[/su_spoiler]

[su_spoiler title=”

Q ビットコインは最低いくらくらいから購入できますか?(取引単位)

” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]A
文字ここから
[/su_spoiler]

[su_spoiler title=”

Q 仮想通貨を現金に戻すには?

” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]A
文字ここから
[/su_spoiler]

[/su_accordion]

税制について

[su_accordion]

[su_spoiler title=”

Q ビットコインや仮想通貨の利益には税金はかかりますか?

” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]A
文字ここから
[/su_spoiler]

[su_spoiler title=”

Q 仮想通貨取引で損失が発生した場合マイナスして申告できますか?

” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]A
文字ここから
[/su_spoiler]

[su_spoiler title=”

Q 仮想通貨取引で発生した税金を払うため、利益確定して日本円にすると利確したお金にまた税金がかかりますか?

” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]A
文字ここから
[/su_spoiler]

[su_spoiler title=”

Q 仮想通貨を知人もしくは家族に送った場合はどうなりますか?

” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]A
文字ここから
[/su_spoiler]

[su_spoiler title=”

Q 仮想通貨の取引における所得計算の方法がわかりません。

” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]A
文字ここから
[/su_spoiler]

[su_spoiler title=”

Q 年間の合計損益がいくら以上から申告が必要ですか?

” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]A
文字ここから
[/su_spoiler]

[/su_accordion]

安全性について

[su_accordion]

[su_spoiler title=”

Q 取引所が破綻した場合、どうなりますか?

” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]A
文字ここから
[/su_spoiler]

[su_spoiler title=”

Q 仮想通貨は安全ですか?(法整備)

” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]A
文字ここから
[/su_spoiler]

[su_spoiler title=”

Q 仮想通貨にはどんなリスクがありますか?

” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]A
文字ここから
[/su_spoiler]

[/su_accordion]

その他

[su_accordion]

[su_spoiler title=”

Q 「掘る」とか「マイニング」って何ですか?

” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]A
文字ここから
[/su_spoiler]

[/su_accordion]